下伊那赤十字病院 ロゴ

サイズ

背景

  
0265-36-2255

看護部

看護部

看護部長 

看護部長 熊谷 幸子


町内唯一の総合病院として、『親しまれ信頼される病院』を目指しています。
100床の小規模病院ですが、一般病棟、療養病棟、訪問看護ステーション、居宅介護事業所を持つケアミックス病院です。
私たちは、看護部の理念に基づいて、地域包括ケアシステムにおける地域の連携病院として、『住み慣れた地域でその人らしく最後まで』という患者さんやご家族の思いを支えられるように日々の看護実践に取り組んでいます。

 

看護部の理念

 人道の赤十字精神に基づいて、患者さま一人ひとりを尊重し、優しさ・思いやりのある看護を提供する

看護部の方針

  1. 患者さまとご家族の思いを支え、寄り添う看護の提供をします
  2. 安全・安楽を基本に安心できる看護を提供します
  3. 医療・保健・福祉と連携し、住み慣れた地域で自分らしく生活できるよう支援します
  4. 赤十字活動を積極的に行います
  5. 専門職として感受性を磨き、自己研鑽します
  6. 楽しくやりがいを持って、働きつづけられる職場環境をつくっていきます

看護部の目標

  1. 住み慣れた地域で「その人らしく」生活できる支援の提供
  2. 看護実践能力の向上に努める
  3. 働きやすい職場をつくる

部署紹介

認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師 森上 幸恵

ストーマの造設や、褥瘡・スキン-テア(裂傷)などの創傷及び失禁に伴って生じる問題を持つ方を対象に、予防的なケアやトラブルへの対応について専門的な知識と技術を提供するのが皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCN)です。どのような場合にもスキンケアが大切となります。また、これらのケアは看護師だけでなく多職種が協働して同じ視点をもって関わる必要があると感じています。そのため、医療スタッフへの指導・相談を通して、院内全体の看護の質向上を目指し活動しています。

現在療養病棟と兼務していますが、第1・3火曜日、第2・4水曜日は活動日として褥瘡などのケアの他に、ストーマ(人工肛門や人工膀胱)ケア、排泄に関する悩みなどの相談も受けております。入院されている患者様だけでなく、在宅で療養されている方にも、不安なく日常生活が送れるようにサポートさせていただきたいと思っています。また、WOC看護におけるご相談は、看護や介護に従事されている院外の職員の方などにも対応いたします。お気軽にご相談ください。


皮膚・排泄ケア認定看護師 小澤 恵美

2018年から下伊那赤十字病院で働いています。
私の仕事は入院患者さんやその家族、スタッフや地域の皆さんが気持ちよく生活できたり、仕事ができるようにスキンケアや排せつについて黒子となって支えることです。
足の爪やタコなどで困ったり、皮膚の乾燥等で困ったり、便秘や尿失禁、介護でオムツが子なったなど自分自身や家族のことなど・・・人にはなかなか言えない悩みも是非、ご相談ください。


認知症看護認定看護師 沢田 泉

■認知症看護認定看護師の活動とは

65歳以上の高齢者人口は3500万人を超え、人口の3割を占めるようになりました。
高齢者の5人に1人が認知症と言われています。
今や国民病と言われる認知症ですが、対応が非常に困難なこともあります。
日々の看護・介護にストレスを抱えたり、事故防止のため抑制や薬剤に頼らざるを得ないこともあります。正しい知識を普及し認知症の方々の思いを尊重し、認知症の進行を抑えながら穏やかに日常生活が送れるようにサポ-トしていきたいと思います。



      

感染管理認定看護師 松下 美幸

受診される患者さんや、院内で働くすべての人の安全を守るために、院内感染を予防することが感染対策の大きな役割です。手指の消毒や面会制限等、皆様のご協力をお願いしなければならないことも多々あるかと思いますが、地域を含めての感染対策を行っていければと思います。宜しくお願い致します。


上へ戻る